BLOG 西精工の日常

2010/06/01 からあなたは累計 人目の訪問者です。

(本日は 番目のアクセスです。 また昨日は 人のご来場者がありました)

2019.06.13

目指せ、たまねぎGET! たまねぎリレーマラソン その1

先日、淡路島の南あわじ市で「淡路島たまねぎリレーマラソン2019」が開催され、西精工から
「製品管理チーム」と「捻立・営業・総務混成チーム」の2チームがエントリーしました!
この「たまねぎリレーマラソン」の様子を3回に分けて、がっつり紹介しまーす!

会場兼、コースとなるサンライズ淡路島
に到着した面々。
さっそく特等席にタープを立てて拠点を
構えます。
昨年も出場したので要領は得ています!
今回は2チーム、20人の本拠地となる
ので、タープも4張り用意しました!

あやしいカプセル状のものは「お着換えテント」!
うっすらシルエットが浮かぶので、ドキドキします(笑)
リレーマラソンではあるのですが、なんだかキャンプ気分でめっちゃ楽しいです♪

初めて走る人もいるので、コースの下見に行きまーす!
拠点の目の前がリレーゾーン。
リレーゾーンでランナーは次のランナーにたすきをつなぎます。
そしてコースは公園の奥へ。
奥に向かってずっと上り坂なのです。

奥の折り返しまでいくと、上り坂は終了。
しかし次は「芝生ゾーン」に突入です!
この「芝生ゾーン」、地味にキツイ!
ふかふかなので、前に進むエネルギー
が伝わっていきません。
この前半の「上り坂→芝生」までで
いかにスタミナを温存するかがポイント
なのです。

芝生ゾーンを過ぎると、下りのバック
ストレートです。
ここは下り坂に任せてスピードアタック!
みんなの応援ポイントでもあります。
下り坂を駆け抜け、第二折り返しでは
心臓が破裂しそうになります(笑)
そんな中、リレーゾーンに向かって
最後の踏ん張りどころを走ります。

昨年の大会では、受付ハガキを忘れて
きて、みんなのヒンシュクを買った
カズキング。
今年はちゃんとハガキを持ってきました(笑)
この「たまねぎリレーマラソン」は受付に
行く時、複数メンバーで行くのをお忘れ
なく!

「おはようございまーす!よろしくお願いします!」
受付でゼッケンと、大切な「たすき」をお借りします。

受付の横では、参加賞として一人5個のたまねぎをいただけます。
セルフで袋詰めし、メンバー10人分を運んでいきます。
はい、なので受付には複数メンバーが必要なのです。

改めて、今回出場するメンバーみんなで
集合写真・・・
あ!しんたろーがいない!
ってことで、右隅にしんたろーを載せて
おきますね(笑)

スタートまでの時間、まったりと過ごします。
今回、両チームとも「たまねぎエプロン」を
準備してきました!
早速「参加賞」のたまねぎを入れて、
具合を確かめるみんな。
特に、製品管理チームが作成した
「たまねぎエプロン」は、おそろしいスペック
を秘めていて、これがレース中とんでもない
ことをやっちゃいます!

昨年、会場を沸かした「マリオ」が早くも
登場!
あれ?
今回はカズキングじゃなくて、しょーたが
「マリオ」に!
でも、全然楽しそうじゃない(笑)

しょーたマリオ、みったか、みかりんと、だらけまくりです(笑)
これからレースが行われる緊張感ゼロ!

「たまねぎリレーマラソン」での準備体操
はエアロビクス!
大丈夫!みんなでやれば恥ずかしくない!
しかも、ちゃんと考えたアクションをして
くれるので、しっかり体もほぐれます。

準備エアロビクスも終わり、さあ、いよいよ
スタート間近です!
スタート時には、シャボン玉とジェット風船
でさらに盛り上げます!
しんたろーが何かにとり憑かれたかの
ように、一心不乱にシャボン玉を作り
続けます。
しんたろー、ストレス溜まってます。

はたして今年はどれだけのたまねぎをGETできるのか?
いやいや、完走が第一条件ですね!
ってことで「その2」では、みんなの激走をお届けしまーす!
ぜひ次回もご覧くださーい!

W 

前の記事 BLOGトップへ 次の記事