品質・環境方針
各種試験や品質管理を徹底

品質方針・品質管理体制

品質第一主義に徹し、お客様の満足と信頼を高める

ISO 9001

 JQA-QM5988

審査機関 一般財団法人 日本品質保証機構
認証番号 JQA-QM5988
登録日 2001年1月12日
登録更新日 2015年2月14日
改定日 2010年3月5日
適合規格 ISO 9001:2008
該当製品の範囲 ナット、軸受部品(ベアリング)及び冷間鍛造、切削加工、小物部品の設計・開発及び製造
登録範囲事業所 本社工場/石井工場/土成工場
組織図

西精工はISO9001を取得し、品質方針に基づき、品質”第一主義”を掲げ、お客様の信頼を獲得するための活動を実施しております。活動は「基本理念」に基づいて、「行動方針」を策定しています。そして、そこから「行動指針」を各所属長が話し合い具体的な「品質目標」を掲げています。西精工はその目標達成のために、多くの測定機器を取り揃えて試験データの収集を行い、品質保証に取り組んでいます。

高い品質を実現するため、真円度計やねじ締め付け試験機などを導入しています。
それらの機器を利用することで、お客様にご満足いただけるものづくりを実施しております。

環境方針・管理体制・取り組み

環境方針

  1. ファスナー・パーツ類製品の開発、製造、サービスなど当社の行う事業活動と環境を調和させるために環境マネジメントシステムを確立し、文書化し、全従業員で環境保全活動を展開し、継続的改善及び 汚染の予防に努める。
  2. 事業活動に関連する環境法令・条例・協定及び所属する業界の行動規範等を遵守する。 
  3. 当社の事業活動が環境に与える影響を評価して著しい環境側面を特定し、環境目的及び目標を定め、定期的に見直しをして環境保全活動を実施する。
  4. 当社の事業活動・製品及びサ―ビスに関する環境側面の内、環境管理重点テーマとして次の項目に取り組む。
    1. 省エネを中心として、環境に配慮した商品の提供。
    2. 消費エネルギーの削減。
    3. 用紙を含む資源の有効利用。
    4. 廃棄物の減量化。
    5. 地域住民との調和を図る。
  5. この環境方針は全従業員に周知すると共に、組織で働く、又は組織のために働くすべての人に環境への意識の向上を図る。
  6. この環境方針は、社内外のあらゆる人が入手可能なように公表する。 

2008年 8月 1日 改定

西 精工株式会社
代表取締役社長  西 泰宏

ISO 14001

 JQA-EM3324

審査機関 一般財団法人 日本品質保証機構
認証番号 JQA-EM3324
登録日 2003年8月8日
登録更新日 2015年2月13日
適合規格 ISO 14001:2004
該当製品の範囲 ナット、軸受部品(ベアリング)及び冷間鍛造、切削加工、小物部品の設計・開発及び製造
登録範囲事業所 本社工場/石井工場/土成工場
組織図

西精工はISO14001を取得し、環境方針に基づき、環境への負担をできる限り少なくするための活動を実施しております。3R(廃棄物の発生抑制(リデュースReduce)、再使用(リユースReuse)、再生利用(リサイクルRecycle))の達成のために「省エネを中心として、環境に配慮した商品の提供」、「消費エネルギーの削減」、「用紙を含む資源の有効利用」、「廃棄物の減量化」、「地域保全活動」と様々な活動に取り組んでいます。

また、吉野川清掃活動に参加するなど、地域貢献に取り組んでいます。

  • 企業情報
  • 西精工の取り組み・こだわり
  • お問い合わせ