BLOG 西精工の日常
教育 の記事一覧

2010/06/01 からあなたは累計 人目の訪問者です。

(本日は 番目のアクセスです。 また昨日は 人のご来場者がありました)

2017.08.07

危険予知トレーニング:営業部

01

 

先日、営業部を対象に
「KYT:危険予知トレーニング」
を行いました。
実際にものづくりをしている製造現場を
対象にした「危険予知トレーニング」は
行っているのですが、意外にも営業を
対象にしたトレーニングは初めてです。

02

 

03

特に今回は、期末の決算棚卸し作業を控えたタイミング。
いつもはお客様を訪問したり、営業事務をしている営業メンバーが、棚卸し時には現場や倉庫で
がっつり棚卸し作業を行うため、より安全意識を高めます!

04

 

05

06

 

なのでKYT用の写真も、棚卸しを行う
現場や倉庫周辺のものばかり。
普段、普通に通行している場所でも
あるのですが、そんなところにも「危険」
は潜んでいます!
みんなで話し合って、「かもしれない」
危険因子をあぶり出していきます。

07

 

08

09

 

「かもしれない」で危険予知をしたら、
「念のため」で危険回避のアイデアを
考えます。
これも一人で考えるより、仲間と知恵を
出し合うことで、たくさんのアイデアが
生まれます!
「ない化・にく化・ても化」という切り口で
改善策を考えてみてね。

10

 

11

12

 

地道な活動ですが、こういった
「危険予知トレーニング」を行うことで、
事故を未然に防ぎ、労働災害の無い、
安全な職場づくりを続けていきます!
今日も一日安全作業!
西精工は何よりも「安全」を最優先させて
いきます!

13

 

14

W 

2017.07.13

避難訓練

土成工場で消防署に立ちあっていただき、避難訓練が行われました。
今回は「地震」が起きたと想定し、地震による火災発生、負傷者の救助などを訓練していきます。

地震が発生し、火災が発生しているということで、こちらは消防に通報している様子です。

01

 

02

03

 

現場のみんなは一時避難場所から
最終避難場所へと移動します。

消火班はその間、火災発生場所にて初期
消火活動を行っています。

各チームでメンバーの安否確認が取れたら
隊長に報告に行きます。
ここで、ケガ人がいるとの報告がありました!
早速、隊長からの指示で救助班が出動して
いきました。

04

 

05

その間にホースによる消火担当者たちは、外に設置されている箱を開けて、設備をセッティングして
いきます。

06

 

07

続いて、備蓄班も出動です。
備蓄倉庫まで行って、お目当ての品物を出してきました。
実際にはもっと大量に運搬してくることになるでしょうね(^^;)

08

 

09

10

 

と、ここで救助班がケガ人を担架に乗せて
運んできました!
実際に人を乗せて運ぶと、人数がいても、
バランスを保つのが大変。
相手はケガ人なんで、特に慎重に運ばない
といけません!

そして、初期消火にあたっていた担当者も
ここで任務終了となりました。

11

 

12

13

 

最後に、消防署の方から、今回の訓練へ
のご指摘やお話をしていただきました。
これで、全体の避難訓練は終了となりました。

みんなが解散した後、消火器の使い方に
ついての講習がありました。
実際に消火器を触った事が無い人なんかが
主な対象です。
水消火器で火元である的を狙い撃ちです!

14

16

 

15

17

18

 

隊長と総務担当者には最後に特別講習
が行われたようです(^-^)

実際にチームで動いたり、運んでみたりと
体験しておくことで、いざという時に冷静な
判断をするための基礎になると思います。

今回も消防の方に立ち合っていただき、あ
りがとうございました!
日頃から防災意識、危機感をしっかり意識
して行動していかないといけませんね!!

19

 

20

M 

2017.07.12

危険を予知して回避しよう!危険予知トレーニング:検査班

01

 

先日、検査班のみんなで
 「KYT:危険予知トレーニング」
を行いました!
事故が起こる前に危険を予知して、
労働災害ゼロを目指します!
危険予知&改善のキーワードは、
 「かもしれない~念のため」
 「ない化・にく化・ても化」 です!

02

 

03

04

 

ではでは早速KYTスタートです!
最初はイージーケースから。
普段の何気ない職場の写真の中から、
みんなで危険因子をあぶり出していき
ます。
その気づきのきっかけにするのが、
 「かもしれない」
です。
さて、どんな「かもしれない」がありますか?

05

 

06

07

 

←の「かもしれない」は検査班の普段の
職場写真です。
途中からは小グループになって
みんなで意見を出し合います。
「三人寄れば文殊の知恵」作戦です!
一人で考えるよりも、量が出たり、
深掘りできたりします。
これぞ「対話力」です!

08

10

12

 

09

11

13

14

 

「かもしれない」と気づいた箇所は全て
危険因子として正解です!
気づきの数だけ改善ネタにもなります。
「ない化・にく化・ても化」で改善案まで
考えていきます。
検査班のみんな、すっごく熱心にKYT
してくれました!
対話も各チーム積極的!

ちなみに、上の事例を展開していくと
こんな(→)感じに。
あくまで「例」ですよ。
気づきの数だけ展開できます。
今回のKYTだけでも、検査班のみんなからは、
すっごくたくさんの「かもしれない」が
見つかり、それぞれ改善案まで考える
ことができました!

 

15

こういった地道な活動を通じて、もっともっと安全安心な西精工にしていきます!
今日も「安全第一」でがんばります!

W 

2017.06.21

過去の労災から「学ぶ」「気づく」:全社安全教育

01

 

先日、土成工場で安全教育を行いました!
半年に一度、全社員で「安全について」
みんなで考える場としています。
本社では全体朝礼時に行っているので
全員に聴いていただけるのですが、
土成工場では夕方に行うため、時短勤務
の人のために、まずは「お昼の部」を
実施です。

02

 

03

「安全第一」で仕事をしていますが、まだまだ出来てない事がたくさん。
実際、今期も数件、(幸い軽微でしたが)労働災害が発生しています。
大切なのはそこからの「気づき」と「学び」!
少人数だからこそ、がっつり資料パワーポイントを見てもらいました!

04

 

05

06

 

そして夕方、土成工場勤務のみんなが
食堂に集まります。
まずは今期発生した労働災害を共有。
件数こそ前期より減ってはいるものの、
目指すは「労災ゼロ」です!
仲間が痛い思いをするのはマジ勘弁!

07

 

08

09

 

そして今回の安全教育では、過去に
発生した大きな労働災害について
改めてみんなで共有し、そこから「気づき」
や「学び」を得ていきます。
20数年前に起きた大きなケガについて
知らない人が7割くらいいました。

10

 

11

12

 

そのケガは「旋盤」という工作機械で
発生しました。
当時のことを良く知るこんちゃん先生にも
助っ人いただき、工作機械の危険性
についてご教授いただきました!

13

 

14

私たちの職場には、たくさんの「安全ルール」があります。
それらひとつひとつが、先人たちの「痛い思い」の上に作られたものです。
また、社内独自の安全ルールにいたっては、先輩方が「痛い思い」をして出来たルールです。
身の回りにあるルールが「なんのため」なのか?
しっかりルールを理解し、ルールをきちんと守ることで、安全な職場、労働災害の無い職場に
近づいていくことができます。
何を差し置いても「安全第一」!
今日も西精工は「労働災害ゼロ」を目指し、「安全第一」でがんばります!

15

 

16

W 

2017.05.19

技術を共有して、更に品質を高める

先日、成型1係のイセキ班長が生産技術のかまちゃん&タカタくんの師弟コンビと、「成型技術」に
ついて、アツく語り合ったそうなんです。
その対話の中から「イイ話」を仕入れたイセキ班長。
この「イイ話」を独り占めするなんてもったいない!
ということで、早速チーム内で勉強会を開き、生産技術師弟コンビとの対話で得た「イイ話(=知識)」を
チームメイトみんなに教えることにしました!

01

02

 

成型工程では、「針金のおばけ」のような
「線材」と呼ばれる材料を「切断」すること
から始まります。
製品を形作る成型工程では、この「切断」
が品質のカギを握る大切な部分!
その「切断」についてのノウハウを
みんなで共有しているのです!

03

 

04

05

 

←これが実際の「切断」された材料です。
詳しくは書けませんが、アレのナニを
こうすることで、キレイな「切断」を確立
できるんです。(意味不明)
これらノウハウをチームみんなで共有し、
お客様に喜んでいただけるものづくりを
もっともっとブラッシュアップしていきます!

06

 

07

W 

1 / 1712345...10...最後 »